アートメイクとは

素顔でも自信が持てるように

皮膚の表面から0.01mm~0.03mmの層(表皮層)に色素を入れていく施術。それがアートメイクです。アートメイクは水に濡れてもこすっても、落ちません。手間をかけずに、美しく自然な素顔を手に入れられるので、貴重な朝の時間を短縮できます。
最近では24時間理想の自分でいられる快適さもあって、アートメイクは「嫁入り道具の一つ」と呼ばれるようになってきました。

アートメイクに関して、「入れ墨(タトゥー)との違いは?」といったお問合せをいただくことが増えてきました。
アートメイクは、表皮層に染色していくので、真皮層に施術を行う入れ墨とは違い、半永久的に色が付くわけではありません。しかし、より自然な色に近く、ご自身の年齢に合わせてデザインを変えられることから、多くの方の支持を得ています。
「スポーツをしていると化粧が落ちてしまう」「無毛症で眉毛がまったくない」などのお悩みにも対応しています。

アートメイクは医療行為です

アートメイクは針を用いて皮膚に色素を入れていく行為です。つまり、医療行為に分類され、資格を持っていない施術者が行うと医療法違反に問われる可能性があります。
ココクリニックでは、医師・看護師が常駐し、衛生面にも気を配って日々診療を行っているため、ご安心ください。施術の際、健康面に問題が見られる時には治療をお断りする場合もございます。その旨ご了承ください。

アトピー性皮膚炎による生え際の後退、乳がんの切除跡など予期せぬ疾病や事故は見た目にも様々な影響を及ぼします。
アートメイクなら頭皮や皮膚を切開せずに、理想の姿に限りなく近づけることが可能です。特に近年は豊胸整形後、乳がん手術後にアートメイクを行うお客様が増えてきました。皮膚の状態や色合いに応じて一人一人にぴったりの乳輪をメイクできます。遺伝の影響で生じた色素の変色などもご相談ください。繊細なお悩みだからこそ、まずは少しずつお話を伺い、お客様に寄り添います。

メリットとデメリット

  • メイクの時間短縮になる
  • 汗や水に濡れても崩れない
  • すっぴんに自信がもてる
  • 頭皮や乳輪など、身体的に悩んでいる箇所にも自然に施術できる
  • 1回の施術で2~3年ほど効果が持つ
  • 消えることで、流行の変化にも対応できる

  • 2~3年でお直しが必要
  • 普段のメイク用品より金額がかかる
  • 体質によっては施術後は腫れてしまうこともある(ご相談ください)
  • 使用する染料によってはMRIが受けられない(ご相談ください)

失敗しないアートメイクを行うために

当クリニックは、時間をかけてカウンセリングを行います。アートメイクの知識があるかどうかは関係ありません。使用する染料、色素の種類や持続期間、技法などのコンセプトをきちんとお伝えします。「評判が良いからデザインはお任せ」といった考えは危険です。
当スタッフはどんなことでもお答えできる知識を身につけ、安心して治療へ進んでいただけるよう心がけております。分からないことや不安な事があれば、お気兼ねなくお話しください。

アートメイクを行う際は「どこで」「誰が」治療するかを慎重に検討してください。まず、無資格の施術所の場合、正式な器具の洗浄方法や麻酔の仕方などを知らない方もいるので衛生面の問題からも非常に危険です。
また、価格が安すぎる場所も避けましょう。器具やスタッフ、染料など安全面を大切にすると、どうしても低価格は維持できません。
そして、何よりも担当している人が、詳しく説明してくれるかどうかを是非治療を決める際の指標にしてください。当クリニックでは、メリット・デメリットをしっかりお伝えし、患者様の意志を尊重した治療を行っております。